塩パンに埋もれたい

わたしの大豆な男の子

こじだいっていいな ②

 

夏ですね!!!!!!!!!!!

 

 

まあ実際は梅雨ですね。程好過ぎる距離感を保ちまくっていた関西ジャニーズJr.のツートップ(私信)こと、向井康二くんと西畑大吾くんがANOTHERを目前にお互いをライバル宣言してから早いもので一年が経とうとしています…………


何回でも更新しよ〜〜最高の思い出を〜〜♪
ということで、二度目の少年たちの夏を前にして、こじだいの「背中越しのチャンス」を懇願してる私こと私、再びこじだいちゃんはいいぞ2016夏-2017初夏ver.について筆を取ります。

前回までのあらすじはこちら↓

 こじだいっていいな - 塩パンに埋もれたい


絶対死ぬなよ!!!!!
という2人の叫び声と共に船体は二つに裂けていくんですよ、ANOTHERのお話です。EDの♪星を探そう のコウジとダイゴが最高&最高だったことから思い出したいんだけど、シュンが生き返り涙でぐしゃぐしゃになっているダイゴは、スポットに抜かれ「たと〜え星が〜見えない夜も〜」と一人で歌うコウジの背中を毎回そういう(どういう)眼差しでジッッ………と見つめているんだよ。熱い。そして曲終わり暗闇の中でダイゴの肩にそっと手を置くのがコウジなんだよ。熱い。劇中での二人の関係性についてはあまり詳しく描写されてなかったけど、互いのライバル宣言を経て始まったANOTHERで赤と青の衣装を纏った二人が繰り出すそんなやり取りが大好き&大好きだった16年の夏。

 

エアーベッド
JFW梅芸楽屋にて。康二がエアーベッドを買った。「俺も同じの買うわ。」ってなった大吾。でも結局康二の(浮輪みたい:流星談)よりもちょっと大きい低反発みたいな安定感のあるベッドを買っちゃった。こじだいりゅちぇ三人の楽屋にベッドを二つ並べて寝てる構図の愛おしみ。みんなに大吾のベッドの方がいい〜って言われて康二くん買い直すわ!って言ってます良き良き。

 

席順
JFWのぞむ見学の時にみんなで連れて行ってもらったご飯。「紫耀は康ちゃんの隣の方がいいかな」って気を利かせて席を替わってあげる大吾。(※ここではドッキリ傷心中の大西ちゃんについては触れないでおく)

なんなんだろう、双方の認識が一番手じゃない感じにも物凄い好きのギュッを詰まらせるこの感じ。大西畑があって、しょうこじがあって、だいれんがあるからこその「こじだい」が南無なんだ。

 

遊んでる…………

撮影の時は一時間前とかに来てる大ちゃんだけど、遊ぼうってなったら集合時間1.2分前とかピッタリにくる。絶対に遅刻せえへんとこが偉いし俺も電車次第ではギリギリやから言われへん(笑)

的なことを。
遊ぼうってなったら?遊ぼうってなったら!!?!!?!?
てな感じで夏以降、ジワジワとプライベートで遊んでる感じが伝わってくるようになったんですよ。まあ昔から遊んでたのかもしれないけどエピソードが放出される間隔が明らかに以前までとは違う。そう遊んでんの、遊んでんのよ……………ここ多分正門さんが重役果たしてる。

 

ドッキリ
世間をざわつかせたアレです、自担またやっちゃった大賞2016ノミネート。クリパ12/10昼公演のMCにて。数日前から龍太、康二、正門、大吾で映画館にゲームアプリのガチャを引きにいこうって約束してた。康二、公演前に龍太と正門を誘うもののその日疲れてるっぽい大吾には気を遣って声を掛けなかった、嫌な予感。そしたら当日、映画館に”誘われへんかったから”単独で来てた大吾と、待ち合わせ前の正門が遭遇。昼ドラばりのタイミングにグゥの音も出ねェ。
康ちゃんはそういうところあるから誘われなかったことは別にいいの」って言いつつ、さてさてドッキリ決行でーす。「大吾誘われてないってすげえ機嫌悪かったよ」ていうメールを正門から康二に送らせる。「大吾と目合わせられへん><」て頭抱えつつ直接陽気に謝罪した康二だけど大吾さんには「めんどくさい」と冷たくあしらわれてしまう。(安定のひどい)すぐに龍太くんの楽屋に駆け込み、「ごめんなさい二個入れたらきついかなぁ…」と流星に文面を相談し、その日のMCが気まずくなってしまうと弟トリオの楽屋に予め相談しに行くこじめろちゃんに愛しみのボルテージ急☆上☆show……………確かにみんなで約束してたの自分だけ声掛けられなかったら????てなる大吾の気持ちもよ〜〜〜く分かる。
一方思いやりが強すぎるし、一方は被害妄想が過大だから、なんかやっぱりこういうときちぐはぐになっちゃうこじだいちゃん。意図せずともすれ違いが起こっちゃうこじだいちゃんがーーーーわたしはーーーーダイスキだーーーー!!!!!いつも思うけど自担理不尽でごめん。それでも好きだよ〜〜〜ん♡

 

お酒

1月には大吾が20歳になるので、乾杯して夜ゆっくり語れるようになるのも楽しみやね。

この四十一文字の破壊力が凄まじ過ぎてるからマジ湯沸かした。♨️


初詣
※向井会(仮)の誕生。西畑会でも大西親衛隊でも向井くんがメンバーに入れば向井会(仮)になる。
向井野康二会長の運転で元旦早朝から京都の初詣へ。運転してもらってるのに帰りのお車で爆睡しちゃってごめんねな西畑さん。ハァ……………みんなでドライブする時代だってさァ……………しかも元旦にィ……………年号付けたい。付けたいね「西畑」。

 

誕生日
西畑さん二十歳の誕生日。康二くんからは日本語英語タイ語を織り交ぜて「誕生日おめでとう」「二十歳楽しめよ」「盗難に気を付けて」というメッセージ。西畑くん盗難の被害経験あるんですか、教えて向井野くん。当日現場で康二くんからは電動髭剃りと鼻毛カッターが贈られました。♡大ちゅん♡みたいなキラキラスーパーアイドルだってヒゲは生えるし鼻毛も伸びる………っていう大切なことを向井野くんが教えてくれた。朝起きて洗面所で電動髭剃り愛用している自担想像して二十歳の重みを感じた懐かしい冬の日です。

 

お泊り
西畑くんちに向井くん(と流星ちゃん)が泊まった。その時歴史が動いたな………………教科書ならば太字だし新聞なら一面なトピックス。翌日の朝早い新大阪駅集合に備えて二人で西畑くんちに泊まったらしい。ちょっとだけ喋って大吾は自分のベッドで、二人は横に布団を敷いて寝たらしい。こじだい出会って約六年、康二くん初めて西畑くんちに行ったらしい。西畑マッマは優しかったらしい。大ちゃんの部屋はオレンジがいっぱいだったらしい。向井野さんからタレコまれることでより一層眩しさを増すオレンジ色だよね。自担、タンスもとっても可愛いです。

 

ライバル
東西関係テレビ誌にて。

流星はかわいいけどしっかりしてるからオレが抜かされる可能性ももちろんある。大吾はずっと刺激し合っていきたい良きライバル。
康ちゃんにそんなふうに言ってもらえるのは嬉しい。昔は弟くらいにしか思われてなかったやろうし。

(半年ぶり二度目)みたいなサイエンコー発言なんだけど、この記事で注目したいのはこの前後。大吾は流星も龍太くんも”ライバル”って言葉を使って表現してるのに、康二がその言葉を向けた相手は大吾だけなんすよ……………分かりますか私はあなたの心に直接問い掛けていま…………………グッッ。

 

二人きりって
最近よく遊ぶけど、二人でご飯は無理だよねっていう件について双方の主張を要約してみました最高!
【康二】
・2人でいたら真面目な話しかせん気がする。
・愛の形が違うから恥ずかしい。
・大橋なら”明日1時ね”って軽く誘えるけど、大ちゃん誘う時は”えっと………、明日………、大ちゃんお昼一緒にランチ行ける?”ってなっちゃう。俺から誘えると思うかよ。(いや思わん、反語かよ)
【西畑】
・緊張するし恥ずかしい。
・何か注意されんのかなって身構える。ずっと一緒に活動してきて、ふたりってなるとすんげ〜恥ずかしい(笑)
・でも康ちゃんが誘ってくれたら行く。
・一つ言いたいのは不仲ではない。例えるならお父さんと2人で出掛ける気恥ずかしさみたいな。
………なんだこれ。今年中に叶えましょ〜ってことで対談は纏まってるんですけど、なにこれ未来の私ら「絶対死ぬなよ!!!!!!!」(華麗にデジャヴ)

 

誕生日②

康二くんの誕生日、大ちゅん投げチュー動画を送るの巻。康二くんたらオカンで対抗。炊いたーーーーーーー赤飯炊いた。おめでとう。

 

こじだいとは

今は普通に”前はどっちもテングやったね”て言える関係性がいいなって思ってるねん。
まいジャニが決まったとき、オレらテングやったよねー。こりゃデビューじゃね?くらいの感じで(笑)
恥ずかしー(笑)でも、WESTさんのデビューが決まって一番ショック受けたのはオレらやった。今、冷静にこういう話ができるのはやっぱ康二ちゃんやなと。
オレ、一回大吾にマジな相談したことあるよな、”なんか孤独になるときあるねん”みたいな。
二年前くらいかな。康ちゃんって割と分かりやすい人なのに、そんなふうに思ってたことに気付いてあげられなかった自分を反省したわ。周りが見えてなかったなって。そういうときは、ぜひ、頼って欲しいねん。
やっぱり大吾と流星は一緒に活動することが多いから身近やねん。ベッタリ仲良しっていうのとはまた違う。だからって大吾は相方とかではないよな、ムズい。
確かに相棒感はない。バランス的には大西さんいれて3人なんかな、やっぱり。龍太くんにも頼ってる部分も大きいし。
オレらって単に仲良いだけじゃないし、ライバルってだけでもないし、絶妙な関係なんかな。言うてもうた!恥ずかし!
性格も全然違うしね、近過ぎず遠過ぎずの関係。
一緒にこれからも活動していく”同志”って感じかな。

 

最高過ぎて抜粋して対談形式維持した。芋という名の神ことPOTATOさん6月号です。ご購入はこちらから。ポテト 6月号の売れ筋通販 - Yahoo!ショッピング

 


つまるところ、こじだいってそういうことなんですわ。誰にとっても一番!!!!!!!ていう二人ではないかもしれないけど、二人合わせたら一番になれるかなって思えるの!!!!!!!と私はそう思っています。前述の通り、周囲の人間関係があってこそのこの二人。只今絶賛インフレーション!!!!!!!関係者の皆様これからもどうぞよろぴくぴく。

 

 

そんな二人、7/12に映画誌で対談する未来がやって来ます。ご予約はこちらから(誰)張り切って経済回してこーーー!!!!!フレー!フレ!インフレーーー!!!!!

J Movie Magazine(ジェイムービーマガジン) Vol.25 (パーフェクト・メモワール) | |本 | 通販 | Amazon

 

現実的じゃなくていい〜〜君との運命〜〜描いていこ〜〜僕らだけに見えるhappiness〜〜♪

f:id:nsdgk:20170626215336j:image

 

シュガーソングとビターステップ

 

「ジローはとにかくジロー以外の何者でもなくてビックリしました!……西畑さんは後ろ姿まで完璧なジローでした。」原作者の三次先生のお言葉。


感情の道路に ” 嬉 ” が渋滞するよね!!!!!!!!本日も絶好調に滞っております!!!!!!!!

カルタの札にして一生持ち札にしたくない?したいよね分かる心がジュワッと嬉しさの肉汁で溢れてる。お腹が空く。

 

 


この度、西畑大吾くんが初めて原作のある作品に出演しました。初めて外部の映画に出演しました。結果その大きな初めてと初めてが、+act、映画誌ジャック、VS嵐出演、ソロ舞台挨拶etc...と一つ一つが愛おしい初めてたちに派生していったわけで。そんな丸ごと愛したいPとJKについて見たこと感じたこと読んだことのまとめだよ。一語一句に一喜一憂している今のこの気持ちを後世忘れたくないのでチョロリと書き記す次第です。

 

以下、全身全霊で映画ネタバレを含んでおります。鑑賞後、ハァ〜〜面白かった最高( ; ; )と純粋にヒタヒタしてる人格が私の中に間違いなく存在したので、設定描写云々にどこか茶々入れしたくなった気持ちについてここでは触れないから!!!!!The盲目オタクが筆を取る之巻。

 


まず『PとJK』というタイトルがあってこそこう感じたのかは知らんけど、◯と△△を比較して似てるところ正反対なところを描くことによって、それぞれのキャラクターがより一層光ってるな〜〜て!思ったわけ!

 

カコとカコ母、Pが好きなのは血筋説なのでカコの恋愛も肯定的に映ってた。
カコ父とコウタ父、娘が不幸になるくらいならいつでも相手を殺せるし、市民と愛する家族を守る為にその命を落としてしまったし。そんな対の2人の父親の想いを並々に引き継ぐのはPのコウタだし。
大神とコウタは一見対立してるけど結局似通ったものが流れてたし同じ温度を拠り所にしてた、そして2人とも同じように生きるのが上手くない。
大政ちゃんの小森Pとカコぴの対比によってJKの無垢さ浅さがより一層際立っていたように見えた気がした。

そんな相関図がストーリーの根底にしっかり根を張ってたのが面白かった!しかし私がしたいのは原作論評では無いので長過ぎる前置きはこの辺で切り上げます。(?)

 


そうですその名も!!!!!!

Dと◯◯シリーズ!!!!!イェーーーーーイ!!!!!!

 

 

 

  •  DとJR〜大吾と二郎〜

僕にとって「こういう人になりたい」っていうイメージを集めたのがジローちゃんなんです。

 

ジローちゃんの役作り。

 

人情味があって周りが見えて可愛くてかっこよくておっちょこちょいでアホ。性格は真逆に近いけど〜って笑いながらもまずは外見から近付ける為に髪を伸ばす努力をした当時坊主の大吾。ドリステ舞台挨拶の時に「亜鉛飲んでるんです」て現場を騒つかせた伏線の回収が最高気持ち良い!!!!!!

 

次に中身を寄せていく為に関西Jr.(たぶん確か絶対正門)とのカラオケで突然キャラ変して無駄に盛り上げようとした話がマジで(良い意味で)AB型の大吾だし、生きるの下手くそ選手権26位くらいにランクインした抱き締めたいエピソード、ジローだけに。周囲のハテナが目に見え過ぎる気がする。

 

初めての原作ありきの作品だから役作りの仕方がこれまでとはちょっと違うよっていうのが今回のポイントで、ここ、テストに出るのでアンダーライン。原作を何度も読みながら自分とジローの相違点を探して、性格を分析しながら心情が見えない部分について考えていく。そうやって創り上げていった西畑大吾なりの永倉二郎に、原作者さんのお墨付きを貰って「俳優としても自信になった」という話はシナリオとして100点満点だと思うので私の中の芥川賞をあげますおめでとう!!!!!!!

 

”原作ファンのイメージを裏切らずに、そこに自分らしさをどう出していくか”という点を今回のカギと捉える視点がとても良い大吾だし、ジロちゃんのさりげない気遣いができる”柔らかい男らしさ”が僕の理想って語る大吾が、東西サムライでお手伝いしてくれる東ジュちゃんたちに毎度ありがとうを欠かさない大吾で、松竹サムライで紙ヒコーキが客席降りしてしまったときにすかさず「大丈夫?」と声を掛ける大吾だと思った。生きてる。

 

EDのくるぴょんジロちゃんではアイドル西畑大吾が出ないように気をつけたっていう話だったけど、初見の私はおい梅芸ーーーーー!!!!!!俺だ俺だーーーーーー!!!!!!!

ていうアレだったので、どちらかというとジローを終えた大吾の中にジローの残り香があったのかもしれないね………(?)時系列がそうさせてる(?)大吾を知ってしまっている立場からするとあれは大吾でジローだった、言葉を換えれば大吾だからこそのジローだった。

 

 

 

  • DとMH〜大吾と真宙〜

 

真宙「僕、人見知りなので、あまりグイグイいけないんですけど、△△くんはすごいフレンドリーに話しかけてくれて、話してるうちに仲良くなりました。」

問1.さて、△△に入る名前は?
(1)西畑 (2)西畑 (3)西畑

 

 

 

 

 

 

…………正解は、西畑くん。マジか。

 

同じ屋根の下に滞在して、ありとあらゆる函館を2人で満喫したらしい怪しい関係同い年コンビの真宙と大吾、略して”まひだい”。(最高!!!!乾杯!!!!)

 

真宙がハタチの誕生日を迎えた瞬間、クラッカーのアプリ(そんなんあるんかい)鳴らしながら歌のプレゼントして(歌に関しては真宙からのタレコミしかないのがまた趣)木札をプレゼント(お揃いで自分のも作りましたが紛失)したというのが大吾演出のサプライズ。

真宙「こんなかっこいいことができる人がいるなんて!とびっくりしました………僕はそんなことできる人じゃないから、△△くんはほんとにキラキラした人やなって思いました。」

問2. 誰…………△△に入る名前…………
(1)西畑 (2)西畑 (3)西畑

 

 

 

 


ッンナーーーーーやっぱり正解は西畑くんだった、大丈夫?真宙の目はフィルターなの?もしかしてオタクか?キラキラしてるのめっちゃ分かるけどそれ本当に西畑くんの話?と、思うじゃないですか。

 

 

真宙が新しい大吾を引き出したのか、大神と二郎がそうさせたのかは知らんけど、所詮私だって西畑くんのこと何も知らない(突然どうした)それでもオフの時間にキラキラの西畑くんが生きてたタレコミは心底ドキドキしたので、真宙くんその節は大変お世話になりました。

 

西畑「とにかく休みの日はずっと一緒にいて、「どういう子がタイプなん?」といった男子らしいトークから、たまには真面目に仕事の話も(笑)。今まで大先輩方に囲まれる機会が多かったので、そういう話ができる相手が近くにいると刺激にもなったし、吸収することも多くて、また今までとは違った新しい俳優像が見えるようになりましたね。」

以上、真宙が大吾に残した功績です。何なん出来杉かよ…………いや高杉だよ!!!!!!!!

大神と二郎と並行して生きていた”まひだい”と、全てから解き放たれた”まひだい”について興味があり杉なので、これか〜ら〜もどうぞよ〜ろしくね。かなやん。


積極的に友情を作りに行った2人の函館旅行記は何れかの形での商品化を希望しますのでもしお蔵になるようであればわたしが出版社又はレコード会社に転職しまーーーすハーーーイ。

 

 

 

  • DとSS〜大吾と制作サイド〜

本読みのときの”カコーーーーーッ!”ていう第一声でプロデューサーの方のPに「あ、ジローだ。」と思わせた話が超美味しい。それがあまりにも自然だったから素のキャラクターだと思われてたのに、撮影が進むにつれて「物事を俯瞰的に、冷静に見ている」「自分がどうするのが一番いいのか戦略的に考えて動いてる」「頭を働かせて仕事に臨む子」って分析されていく過程が本当にあった有難い話。噛めば噛むほど美味すぎか。まじスルメ。

映画で描ききれない友情の部分を紡いでいく意図もあって真宙と仲良くしていたのでは?とPに憶測されているところでまた話は前述のまひだいのターンに繋がるし、そういうのを全部引っくるめて”この仕事に対して本当に本気で頑張っていきたいんだと伝わった”と評されている事実だけで、しがないオタクの私は元気に生きられます!日頃思ってる大吾の魅力が一緒に仕事をした人たちの言葉で肯定される日本、丸ごと愛したい気持ち!


文化祭前の大神と二郎のシーンで十何テイクもやり直す中で監督と大吾の中の演技を擦り合わせて行ったっていうのは割とホットトピックスだけど、悔しかった……と言いつつめちゃくちゃ勉強になったという話。

 

この監督のこういう描写が好きだ、この演出のこういうこだわりが好きだ!脚本は?俳優は?自分だったらどう演じる?映画好きの俳優に多く見られる”作品”の中に存在する”自分”を客観視する才能が彼にも存在するのであろう。


っていう日本映画naviさんの一節がめちゃくちゃに好きなんですが、「作り物の中でも感情はウソであっていけないし、映画はあくまでも監督のものだから監督と意見が食い違ったら、監督の求める感情に持っていく」っていう本人の言葉が、すごーーーーく役者としての西畑大吾を表してるな、と思ってストンと落ちたのだよ。大吾の好きなところとしていつも挙げる”自分を客観視できるところ”が演技にも直結してたってのが繋がって見えたし、憑依型とか言われてたこともあった大吾の演技は本物の感情でその時を生きようとしてるからこそなんだな〜〜という腑に落ちた感。ジロちゃんの役作りについて語ってた内容を考えても通じる節がある………演劇、奥が深杉真宙。(大好きかよ)これに関しては自分の中でも諸説あるしあくまで憶測でしかないのでサラリと読み流してください。


とにかく台本を同時に複数持ちする未来が来たらまた新しい芝居の話が聞けそうで今からワクワクする!大吾が役者をやっていく以上、「芝居が怖くなるまでやれ」とは長いお付き合いになる気がします。おい路未央ちゃん!!!!!!聞こえてるかー!!!!!!!

 

 

 

 

想像できないってことは可能性があるってこと!どんな人間にでもなれるよ!

 

 

 

 


友達に対する心配してたよ大丈夫?会いたかった!の気持ちを駆け下りた勢いのハグで表現するジロちゃん。机の右側にリュックを掛ける仕様のジロちゃん。腹が減っては布すらまともに持てないジロちゃん。大神パンの差し入れ、残りは全部テイクアウトさせていただくジロちゃん。並木道を横断すると細道に消えていく通学路のジロちゃん。制服には白靴下、夏服は二折りなジロちゃん。変顔はタコちゅうスタイルのジロちゃん。カコとミカドに困ったような笑顔で返事して、へーちゃんの腰を押しながら明るく戻っていくジロちゃん。ナース服にハマっちゃったジロちゃん。厚底白サンダルでぱみゅる色白美脚のジロちゃん。たこ焼きおねだりしちゃうジロちゃん。へーちゃんに思い出されてはフフッと微笑まれてしまうジロちゃん。将来はゼッテー警察官になってやるマジ軽率なジロちゃん。

 

どれも、少女漫画の世界で、廣木監督の引きの画の中で、間違いなく函館の街の中で生きていたジロちゃん。

 

 

文化祭の体育館で吹奏楽部が演奏している楽曲、

シュガーソングとビターステップ 

街を行く人だかりは 嬉しそうだったり 寂しそうだったり   コントラストが五線譜を飛び回り 歌とリズムになる
ママレード&シュガーソング、ピーナッツ&ビターステップ   甘くて苦くて目が回りそうです  

南南西を目指してパーティを続けよう 世界中を驚かせてしまう夜になる

まさに青春まさに文化祭まさにあの情景まさにこの映画。

 

 

 

 

今回は、キュンキュンキラキラ系の西畑ですから。こういう西畑も、朝ドラの昭和な西畑も、いろんな西畑大吾を見せられるのはうれしいですし、すごく感謝してます。

西畑大吾が役者として活躍する世界線ありがとう。まだまだストライクゾーンにかかってる年代にDKとして再び世界を生きて、本人も青春の取りこぼしを回収できたらしいから最近の大吾の言葉を借りるとこちらとしても一石二鳥、嬉しい限り。

 

 

 

 

 


甘くて苦くて目が回りそうです。
………………青春は戻らないらしい。

 

 

サイコウキネシス

”鉄は熱いうちに打て”って言うじゃない?
 


2017/2/18〜26の8日間(23日のみ休演日)新橋演舞場にて行わていた「東西SHOW合戦」がそれはそれは最ッッッッッッ高だったのです。

幕が上がる前は未知過ぎて正直、大丈夫…?SHOWだか笑だか知らんけどこのメンバーだけで本当にいける…?なんて自担が出演する身ながら超失礼なこと頭の片隅で思ってたりもしてたんだけど、千秋楽を終えた今わたしの頭の中には見事に東西最高の四文字しかないわけで。とりあえず本当にDon't worry about itでしたよね英語が邪魔で入ってこーへん。そう、心配ご無用も良いところでした心地良過ぎる裏切られ。普通に白旗。

出演者も日数も限られた公演だったから該当担がメインの客席だったよねってことで、お姉さんたちがTLで言う最高最高の景色が少しでもお茶の間に届け!!!!!!というスタンスです。



この気持ちがアツアツでホクホクなうちに関西のそしてイチ西畑担としての主観を大爆発させて、最高の意味をいっちょ噛み砕いていくニャン♡(まじシャシャシャシャーして良し)………………鉄は熱いうちに打て。(二回目)


セトリが明快で天才!

自担顔が可愛くてムリ………しか言えないおたくにも、コーナー毎に何を魅せたいのかめちゃくちゃ分かりやすいセトリ!!!!!!!さすが合戦を名乗るだけある!!!!!!!まず最初の登場がいいぞって話なんだけど、SixTONESの文字が映された図形が三角形に割れていく間から現れる東も、上から白いスポットにバッッと照らされた瞬間4人がそれぞれの島の頂に立っている西も、どちらもバトルみがあって良きなんです〜〜〜。選手入場ぽい。

 

オラvsオラなOP対決→東と西のアイドルソングメドレー→開戦!パンパカパーン!て感じの共同新曲”SHOW&SHOW”→ストのダンクに関西のフラッグで応戦→混合最強和メドレー→一人ひとりの持ち味勝負な個人戦(しかも需要を心得ている選抜)→歌詞は割と厨二だけど疾走感しかないチャイニーズな群舞(新曲?)→大目玉コントコーナー : 室龍子(シツタツコ)んち物語〜要約すると宝くじが当たったよってだけの話〜→東のガシガシオラオラコーナー→バックJr.コーナー→→西の日替わりサムライダーチャレンジ→夜空ノガチャ→色んな類のかっこいいミックスユニット→絆からのFONで情に畳み掛けるターン→全員が円の内側向いて激熱く歌う情緒殺しのラス曲はLOVE→EC:両者讃え合うみたいな空気の”SHOW&SHOW”

 

戦だからまじで常攻め。守りとか無し。あっちの汗もこっちのアドレナリンも滝のようよ。やりたいことと魅せたいものが単純明快で「東西SHOW合戦」の意を超成しているセトリが天才!おたく、コンセプトのあるコンサート大好き!ポニョかよ。兎に角スーを差し上げたい!

 

 


新曲がYABAIZO!
共同の新曲が一曲。紹介の無かった新曲もどきが一曲。あとはストに2曲(?)と関西に1曲。関西の新曲披露ペースから考えると普通一公演の中でこんなに作品を作って頂けるもんなんです!?!!?!?て一先ず動揺した。

いやぁ〜〜〜〜〜それにしてもねぇ、どれも歌詞が俺の血の大好物過ぎるやつなんですわ。

 

”SHOW&SHOW”
「掴み取れNo.1 世界変えるのは 俺たちなのさ俺たちなのさ 駆け上がれNo.1 誰も止められない 迷わず前に 前に前に進め」


”Brave soul”
「お前には負けない 俺がテッペンとる きっと お前に勝つ前に 己自身に勝て」
この次聞き取れなくて終演後いっつも、お〜まえ〜ぞお〜おまえ〜ぞぉ〜て歌ってから誰か正解教えてくれ。


”Bring it on”
「君の夢なんて二の次 タイミング逃せばどうにもなんない それが今じゃ」「今時代をほら ぶち破れFire 明日がwait for me」からの自担の「Are you ready?…………ついてきな」で終わるんだよ。ムリすぎ死んじゃう。下からバッッとライトで照らされてさ。この話は長くなるのでまた後日。(笑)

 

 

正直な話、事務所の激推されオサレ〜〜〜〜〜♡♡ていうわけでもないこの立ち位置にいる彼らに、事務所はこれらを授けてくるんだよ。社長たんはやはり策士かよ!!!!!!!!心にビンビン来すぎてムリです!!!!!!!!!好きだバカ!!!!!!!!!!

 


となるオチ、馬鹿チョロい。普通に戦略に負けてる。でもドチャクソにかっこいいんだゼ…………………………夢は口に出せば叶うの血が騒ぐ。

 

 

コントがサイコウキネシス!
世論的にはコントとかって関西Jr.有利しか……………て思われてたのかもしれないけど、関西担もっと言うと自称面白くない芸人の西畑くんを担当する身としては、この4人だけでコントとか乗り込んで大丈夫です?????というのが本心でしたが。


めっちゃ楽しそうにボケてでっか〜〜〜〜い口開けて笑うSixTONESはキャラが振り切り過ぎてて最高だし、大西プロは昨春から巷を騒つかせてた妖精ちゃんキャラを極めに極めて新橋をドヨめかせてるし、向井の康爺は関西飛び出して改めて頭の回転の速さに感心させられたし。
大吾Pはあのビジュアルで立ってるだけでファンサービスだし、あの流れで引き際分かるのも才能だよ…………と言っておくことにする。話戻したり、開けっ放しの扉閉めたり、倒れた机戻したりまるで黒子のような(笑)実際妖精の流星に職務質問して隣で見張ってることにかなりの需要と意味があるのでアレまじ該当担的には良い仕事ぶりなんでね!!!!!!!満足しか!!!!!!!!ちゃんと笑いも取ってたしな!!!!!!!!(満足)


結果、労災を心配したりもしましたが室龍太師匠は神さん。これに限る。


松竹では埋もれまいと必死な大西プロが、未確認生命体として無条件に可愛い枠を独占して可愛い枠を全うしている姿に本当に目頭熱くなったので、15歳の流星ちゃんが新橋演舞場に残した功績はデカいと思う。悔しいけどめちゃくちゃ嬉しい!

ある日隣に座ってた北斗担のお姉さん、わたしが一人モダモダしてる中ずーーっと静かにペンラ振ってたんだけど、唯一 北美さんのサービスタイムでは口元覆って声にならない声出してたの「察し卍卍卍」て気分になったから、ホクティーてそういうことなんだね理解深めた。

 

何よりみんなが楽しそうで楽し過ぎたのがコント。笑いってツラれる。

 

 

 

出演者が関西Jr.とSixTONESであること!
今回は6人のSixTONESに対して関西は4人しか居なくて。事前のインタビューでその状況を不利ではなくむしろオイシイ!て答える関西Jr.がめちゃくちゃ好きなやつなんだけど、本当に舌鼓だった激ン〜〜〜マッ。

関西Jr.にとって松竹座って無敵だと思うんです。関西Jr.を見つけた人たちしか居ないし、ガラパゴスだけどそれが良さでもあるし銭湯だし実家感があるし。上から下までいろ〜〜〜んな子がいて、ラインで魅せたり群舞で魅せたり色々な構成ができる。

でも今回は普段群舞で魅せてるビクゲをネクステを、4人でステージの上で成立させなきゃいけなくて、ただでさえ2人頭数が少ないのに(身長も低いし)かっこいいを武器にして勝負してくるSixTONESにダンスでも張り合っていく必要があって。
客層が違うから、客席に何か振られてそこは全員でシーーーーンなるとこだろwwっていうとこでもチラホラ反応が聞こえちゃったりして(笑)
あ〜〜〜〜頑張ってる揉まれてる〜〜〜〜ていう瞬間が随所にあって、どこかいつも松竹座で見る雰囲気とまた違う勢いや表情を感じた気がするのはそんな状況のせいもあるのか〜〜なんて感じたりした。

関西にはFunky8がいるから松竹座では王道アイドルラインを担いがちな大吾だけど、もちろんそれが大好きだけど、ガムシャラに全身全霊でダンス!ダンス!ダンス!姿が見られたのでわたしも目からアドレナリンが零れ落ちた思いです。良い思い出。

なんか表現難しいけど、メインとしてセンターとしてこう魅せなきゃ〜回さなきゃ〜みたいないつもの肩の力が良い意味で抜けててポヤポヤクシャクシャ笑ってる大吾がいっぱいいて、それが最近の姿からすると新鮮だったんだよね〜〜〜友達居ないけど。(自虐)


兎に角、二年前三人で日生に立っていた姿とは一味も二味も違くて、ワットもボルトも格段に大きくなってる気がしたので人生きっと無駄なことは何もないね〜〜〜〜〜。

 


僕を信じて!
ネクステ然り、千穐楽SixTONESの挨拶然りだけど、ジャニーズJr.としてそこに立ってる人たちがステージの上で「僕を信じて」「僕たちを信じて着いてきて」って言ってくれることの意味。道なき道を行く上でも道標過ぎるっしょ!!!!!!!!
東西のファンの嗜好や層、普段の現場の雰囲気の違いももちろんあると思うんです。一瞬ザワッとしたことがあったりなかったりだったけど、ここで置いておきたいのが私の中学の担任の方針。「見たものだけを信じます。」案外これ大事、以上。

 

 

「赤く血が燃えて 火花のような一瞬を 時代に刻もう」
ていうSHOW&SHOWの歌詞じゃないけど、8日間ていう短い期間だったからこそドッカンと一瞬で沸騰して爆発して、今その名残が余計キラキラして見えてるんじゃないかな〜〜〜って私の中のポエマー人格がほざいてます♡

SixTONESを見て、ユニットの強さを十分感じたし、俺ら6人集まると最強なんだぜ!!!!!!信じて付いて来いよな!!!!!!ってみんなでギラギラ胸張って言ってる姿が眩しすぎたし全力で羨ましいゼ〜〜〜〜〜〜て思った。待ってろミライ。

千穐楽の挨拶で、ここで受けた刺激を大阪に帰って関西Jr.に還元します!!!!!!!関西Jr.まだまだたくさんいます!!!!!!!関西Jr.に仕事ください!!!!!!!ていう君たちが最高に君たちで大好きだし、そんなみんなにだってまだまだたくさんの新しい景色を見せて欲しいんだよ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!そして今の姿をずっっっと目に焼き付けていきたい。

 

もうね〜〜〜〜ステージが眩し過ぎたんだ〜〜〜〜〜〜。東西お互いに感謝をぶつけ合って、ステージと客席が感情をぶつけ合って、来年も!再来年も!と欲を剥き出しにしてるアイドルが超絶かっこよかったんだ〜〜〜〜〜。

 

 

 


新橋演舞場買い取らせてくれ!!!!!!!一生東西やってたっていい!!!!!!!

 

と本気で思いつつ、いつもと一味も二味も違う松竹座の春を期待させてくれ。

 

 


ということで現場レポートは以上です♡延々長々とごめんな〜サイコキネシス〜〜〜〜〜♡


 

健康第一、ドロン。

 

夢は口に出せば叶う

 

もうそろそろ耳馴染みが良くなってきちゃってる言葉だけど、敢えてのセレクトです。今日も今日とて浮かれポンチ語り厨が通りますよ〜〜〜〜〜〜っと。

 

 

 

本日2017年1月9日成人の日に、スーパー可愛い星人こと西畑大吾くんが20歳になりました。ヨッ!!!ミラクル成人ッ!!!

 

 

 

20歳って何なんだろう……と成人式を数年前に終えたタチで考えたわけだけど、今は選挙権も引き下げられたし(選挙行きますって言ってるし)、あの子は既に社会人だし、色んな娯楽が合法になることが大きいのかな〜〜。漠然としているけどやっぱり特別で、大ちゅん♡ちゅんちゅん♡してた男の子が、子どもから大人になっていくときを並走している厳かでジワジワ温かいこの感覚まじ何だこれ。小田和正召喚させて!!!!!!言葉にできない!!!!!!!!!!

 

「私事(#私事とは)ながら、実はこの度大吾がハタチになりまして…………」と可愛い菓子折り片手にご近所さん挨拶回りに出掛けたい、そんな多幸感だったりするわけです。

 

 

以下「贔屓目御免!!!」の提灯持ちながら話をしますよ。

 

 

自己分析をちゃんとしつつ自分の置かれてる状況を俯瞰的に見て、自分がどうあるべきか、どうすることが周りの為になるのか、それをしっかり考えて言葉にするセンスがめちゃくちゃに良い。

10代にしてそれを淡々とこなしていたわけだから、20歳になってこれから先、どう自分をプロデュースしてどんな化け方をしていくのか楽しみで仕方ないわけです。

僕は今、関西Jr.ではセンターポジションに立たせてもらうことが多いけど、もう違和感しかないんです。しっくりきてない。でもこうして任せてもらってる以上は、関西Jr.の顔でありたいよね。

僕をきっかけに関西Jr.をもっと知ってもらえたらと、僕が関西Jr.の顔として個人仕事をすることがみんなの刺激になればと、その姿勢がきっと大吾なりのセンター像に繋がっていくんだな〜〜〜〜がんばれ青年。いつか自他共に、誰もが認めるセンターとしてそこに立つ君が見たいよ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

大吾の何が好きって、言わずもがな顔が好きだし、手が好きだし、昨夏からまたグンと力を付けてきたダンスが好きだし、季節の度努力が感じられる歌声が好きだし、あんまり面白くないところもそれを自覚してるところも、オンオフのハッキリしてるところも、坊主をアイドルに寄せる為に短髪染めてコンサートに臨むところも、真顔で「ファンの方って腰振りが好きやんか。」とか言っちゃうところも、全部好きなんですけど。

 

やっぱりここぞと言う時に、欲しい言葉をくれるところってすごい大っきいな〜〜〜と。

世の中「絶対」「ずっと」は無いんだと、デビューという形がそれじゃ無いんだと、あれやこれや悟らずを得なかったこの一年。もちろん先の見えないJr.という立場でありながら(あるからこそ?)、本人が夢や目標をはっきり口にしてくれることがどれだけありがたくて信頼筋で希望なのか、ってことです。

応援している以上、おたくのエゴとして”こうなって欲しい!”という自分の想いはある訳だけど、それが一方通行じゃないんだって思わせてくれることもアイドルとしての才能だと思うわけよ!!!!!!!!!

  

 お芝居もコンサートもどっちも同じくらい大事だし、欲張りやけどどっちもやり続けたいことなんです。

いつかは日本アカデミー賞を取りたい。

ずっと憧れている二宮くんみたいに、いつかグループでデビューして、アイドルとしての活動とお芝居が両立できるエンターテイナーになりたい。それが僕の夢で、今はそこしか見ていません。

西畑大吾にしかできない演技を追求していきたい。お芝居でも歌でも、人に感動を与え、迷っている人の背中を押せるようになりたい。アイドル俳優と共に目指すところは一緒です。

 

 

 

 19歳の君は、こちらの想定を遥かに超えるスピードでチャンスを掴んでは次へと繋げて行って、その姿はまさに夢の階段駆け上がって〜〜〜で。流石に週一ペースで寝起きに映画の出演発表が舞い込んできたときは、どうしよう気持ちが置いて行かれる………なんて震えたりもしたけど、まあ何が言いたいのってどうぞ置いてってくれどんどんでっかくなれよ!!!!!!!!ということです。

 

10代最後にきっと大きな夢のうちの一つにすっごく近付いて、「一年前の自分に言うてたらホンマびっくりすると思うくらい!!!」と興奮気味に語っていたように本人にとってもびっくりぽんな一年だったのかもしれないけど、これから先も少しずつ地道に種を蒔きながら、大吾が見たいと口にできる景色がどんどん大きくなって、それが一つずつ実現していきますように♡♡としがないおたくは思っております。

 

一つ一つのお仕事が全部点になってこれからに繋がっていくように、これまでのアレコレ何一つ欠けたら今の君ではないわけだから。

Aぇ少年の西畑大吾がいて、なにわ皇子の西畑大吾がいて、西門活男も、模範囚ニシハタ、看守ニシハタ、漂流しちゃったダイゴも、眉山養之助も、松永晋也も全部あっての今の関西ジャニーズJr.の西畑大吾だから、愛しいと愛しいの塊全部をギュッと抱き締めて大事にしていきたいよねーーーー!!!!!

 

私に何ができるって、あ〜〜〜〜大吾ったら顔世界一可愛いな〜〜〜〜て言いながら写真買ったり、西畑大吾名義でATMにお金を投入すること噛み締めたり、ルンルンしながら松竹前のスタバで手紙を書いたりすることしかないわけだけど、そんな私が次の楽しみを糧に明日も社会で頑張ることができるのでアイドルは最高です。西畑大吾は最高。原動力万歳!!!!!!!!!今日もジャニーズでいてくれてありがとう!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

大吾が、色んな人と化学反応をたくさん起こして、たくさん歯を食いしばって、たくさんの嬉しい楽しい大好き!を感じられる一年になりますように〜〜〜。

世界で一番幸せになって欲しいわたしのスーパーアイドル西畑大吾!!!!!!!幸せになってくれなきゃ困るぜ ベイベー!!!!!!!

 

 

 

………ということで、ハタチの誕生日おめでとう。真面目に書きたかったのにどうしてもテンション出ちゃうのはご愛嬌( ◜◡◝ ) 早く誰かとお酒を酌み交わした話を聞けますように〜〜〜!

今年の漢字

 

なんか今年は謎に昼間に年越し蕎麦食べてしまったし、年の瀬 軍艦(寿司の)づくりのバイトからまだ妹が帰宅せず、つまり姉暇ちゃんなのではてなもういっちょ。イケるかーーー上の方!!!!!!!

 

そう今年の漢字を発表します、ドゥルルルルルルルドゥンッ。

 

「走」

 

2016年、大吾めちゃくちゃ走ってた。止まることなく走ってた。

なんか超可愛い兄さんたちがみんなで関西ジュニアポーズしてる姿が突如自宅のテレビに映り込んで、天下の山田様と大吾が画面に抜かれてる(捉え方)の見て口から花火吹いたあの年越しから一年………あっという間に歳取るでぇ。

 

 

 

ジャンプカウコン、養之助ぴよ、春松竹、みなすきレギュラー、ドリステ公開、舞台挨拶ツアー、陸上部、ジロたん撮影、とれ関、in大阪、ANOTHER、正太郎ちゃんで坊主の巻、晋也ぺろ、JFW、クリパ、WESTドーム。

 

あんた本当にJr.か?という一年でした素直に。

同時に台本複数持ちしてたかもしれない2016年だけど、どの季節に会った大吾も最高のアイドルだった。それでいて少なくとも私が予想してた以上のスピードで色んなものを次々に掴み取っていく姿が眩しすぎたし、誇らしくて、大吾を応援していて365日本当に楽しかった!!!!!

 

 

 

「夢は口に出せば叶う」っていう合言葉に出会わせてくれた風太ぴょん、スクリーンで大吾のダッシュが拝める世界が最高だったーーーー。

 

ファンもチャンスの一助になれるかもって夢を見させてくれた体育会TV。「関西魂見せつけます!東京には負けません!」いや本当シンプルに足が速い男の子かっこいい、小学生女子です。(てへ)バトン握ってスタートラインに立とうとする背中、知らないくらい逞しくてびっくりしたーーーーー。

 

 

点と点が繋がって線になっていく様子がよく見えて、きっと今はまだ点でも、その中にこれからに繋がっていく欠片がいっぱいあると思うとワクワクするよね!!!!!ワクワクすることめちゃ好きやね〜〜んイェーーーイ。

 

 

 

 

私情を挟むと、春から生活が変わり、住む場所が変わり、まあ結構走り続けた一年だったわけで!

だけど4月なんて毎週末現場があったお陰で(?)ホームシックになる暇も隙もなかったよありがとう。(?)何もかもが変わった中で大吾大好きウェーーイてしてることだけ変わらなくて、そこで均衡取れてたなって思うからジャニーズありがとう。季節が全部二巡目で大阪との物理的距離が近付いたこともあって、お友達ともたくさん会えました最高です。

 

 

来年も、西へ〜〜東へ〜〜ハッピー探して♡♡楽しくおたくします。 2017年きっともっと凄い年になる予感しかしてませーーーーーん。

 

あれこれ書いているうちにとっくに妹は帰宅してるし、我が家は今日も愉快です。

みなさま今年もお世話になりました。来年も宜しくどうぞo(^_^)o

 

10年後の今日の日も

 

君のた〜めに〜で客席をトントントントントンと右手で順に指差して、笑〜おう〜でニッコリ笑って自分の頬に触れる大吾がめちゃくちゃに好きだったーーーーーー。

 

そんなことを京セラでWESTが歌うこの歌を聴きながら思ったりしたんだよ!!!!!

 

 


クリスマスが終わって早一週間…………未だフワフワしてるこの感じはクリパロスなのかそれともドームの余韻なのか。ずっと見たかったものがあって、これから見たいと思ったものがあって、あの瞬間見てたのは夢なの幻想重ねてたの現実なの!!!!!みたいな!!!!!(雑)
現実を生きた分だけあの空間の記憶が消えてしまいそうなので、この冬大好きだった瞬間を淡々と書き綴る「現場備忘録シリーズ冬の陣」だよよ〜いドン!!!!!!!何を隠そう未来の私が読んで楽しいだけのブログだよ。

 

 

はいはーい!関ジュサンタやでーーー!

・ウォイウォイ煽る大吾〜〜〜〜ハピラキは最高ハピラキから始まるコンサートは最高!!!!!!

・突然ですがハピラキ大吾の好きな振りランキング。【3位】ドゥドゥドゥドゥドゥン(パッ)で顔上げるところのキレと表情が天才。一瞬の止めと溜めが良いです。【2位】一緒に楽しもう〜〜の膝はじめ全身のしなり具合。【1位】出会いはそうさ宝物〜〜で突然6.5割→8割にギアチェンジする感じのダンス。ポイントは絶妙な8割感とちょっと伏し目がちな目。おめでとうございます。

普段着〜の〜お決まりの襟元。

降り出した〜雪にはしゃぐ君〜のステップさ!!!!!!体重軽そうだね君〜〜〜ていう滑らか軽やかな足捌き絶対好きだったろ同担諸君!!!!!!!両手広げてめっちゃ降り出してる。離さないずっと〜〜〜好きだよね、握る手。

あわてんぼうのサンタクロースに強めのビートを欲するようになってしまったのは松竹座のせいでした。(※奥村くんではない)

・秋も言ったけど暗闇の中でスタンバイする佇まいと捌けていく影追うところが趣味みたいなとこある。←真冬のナガレボシのはなし。

・12/23昼の話をしますけど、油断してたらビニ傘の下に康二と大吾がいて、大吾が空に何か見つけてパァッとときめいて明るい顔になったりして、そのうち傘が段々客席の方に降りてきて、近付く康二ともうええわっwwて限界に到達する大吾。はちゃめちゃかわいいグダグタップダンスして消えていく2人のシルエットごと抱き締めたかったでーーーーす。

・可愛いの飽和で酔ってたからこの辺りあまり鮮明な記憶が無い。

 

青いリボンのプレゼント

 ・Hairのようにめちゃくちゃ披露されるよりも、スパノバ淳弥の肩チラリズムの方が好むという話を熱弁した冬。でも曲終わりちょっと気怠そうな顔する大橋ちゃんが最高堪らないです。イントロでウッ…と息を止めて覚悟を決める客席の空気感が羨ましすぎた。

・回るセットの死角でジャケット脱いで袖に投げて踊って捌けていくリチャの無駄の無い且つ目立たないように計算された一連の動きを追っていたオタクは客席の3.5割と見た。ちなみにわたしもその一人。

・帰り際のワールドバザールが死ぬほど好きな癖なもんだからActshowの照明死んじゃう。ANOTHERでも思ったけど私舞台前方に横並び一列なるの好きだ〜〜〜〜たぶんカンパニーフロント厨(通じる人飲みましょう)。曲の音に合わせて全体が一瞬静止する瞬間にいつも息を飲む。

 ・黒い舞台に鮮やかな色彩の大西畑って天才か。向かい合う2人流星ちゃんを見つめる顔たまに触れたりする手。何にも動じないモードの大西氏最高。何度も言うけど大吾は表情が天才。そしてJr.大賞、裾捌きが最高部門あったら西畑大吾がぶっち切り1位だよ!!!!!!!

 ・かわい子ちゃんたちがそうさヒーローになれるいつでも〜と歌ってくれる世界夢いっぱいで胸いっぱい。風雅ぺろととあちんが付近で踊る構図を双眼鏡で覗きながら勝手に胸がギュッとなるところまでが婆のルーティーンで、ちんはそのポテンシャルの高さ保って欲しいし、ぺろは野心を燃やす冬になっていればいいなーーていうのが戯言、結論:少年よ大志を抱け。

ジゴロ→ネクステの音の繋ぎ方が天才的なんだよマジで!!!!!!!!! 

ちびっ子たちの背後から戦闘力高めの兄ちゃんたちがせり上がってくる景色最高。3階からだとその瞬間の表情もよく見えて尚良し。上の方の人たちが音に合わせて旗下ろしながら駆け下りてくる瞬間がね〜〜。全員でポールを床にトンッとする瞬間が好きって話はActshow然りだよ。みんなでフラッグ持ったのが関西Jr.的今年の成果って感じがして冬にこの構成を入れてくれたことに感謝。しかもその曲がネクステ。ちなみに私的にはノーミスだったよ大吾o(^_^)o(太鼓持ち)…ヨシッ、…ヨシッ、てここだけ息子の部活見守る母マインドでお送りしてました。もっと上に!Flow!Flow!で後ろの階段に向かいながら右手を上に突き上げる背中に貫禄ありすぎて眩む視界…….…道無き道を行くよ細める目、クイする指………

 

・やばい匂いしかしないこじとあコント。犬の母にヒヨコが懐くみたいな感覚じゃない?あれ。淡々としてるのにあのスリル感はクセになるやつ、ポテンシャル高い人は基本皆好きです。とあちん一人称 ”とあ”分かってる合格。個人的な優秀作品賞は「七夕物語 inカマキリ」です。

 

たこ焼き柄のプレゼント

・言っておくけどピコ吾郎KTRver.はクリパ'16ビジュアル大賞1位なので。かっちょいいめのサングラス、見えちゃってる首筋鎖骨、捲りがちなまっちろな腕。男の子の手がハリセンペンラ握る指たち愛おしすぎだよなは大吾に限らず。(ΘωΘ)す、すきやねんぶちゅっ(棒)、ビリケンさんも〜笑うてる〜(ΘωΘ)ワーーーーー♡(緩)可愛くて滝涙。去年の足つぼでも言ってたけど大吾が7割くらいで踊るのめっちゃ好き〜〜〜おばロク両人差し指上にピョンピョンするのも粉もん青のり付きので口元拭う手も、バックの大吾みたい可愛い。・°°・(>_<)・°°・。→お願い居て下さい。・°°・(>_<)・°°・。の連鎖でしかなかったです結果オーライ。

・PPAPでドしらけてしまった後甘い言葉〜〜〜てなった時に無理!おれは無理まじで無理!て必死に回避しようとしてた姿に傷心感じて菩薩のような気持ちになりましただから同じネタは繰り返しちゃダメだよとあれほど…………

おみハピ気付いたらめちゃ前向き〜〜〜な軌道に乗せられてしまう感じ。気付いたら変な壺とか買わされていそう。サングラスマイクと一緒に持つ手が可愛いよね。顔に夢中で振りがなかなか入ってこない私あるある。

・MCはひたすら悶えた人間関係。袖に確認取ったり、マイクの配置を調整したりするイレギュラー対応仕事人が好きなのはわたしの性癖太です。あとは康二ちゃんさすが〜〜〜〜〜でしかなかった。モンスト事変「抱き締めたい」。とあちゃんはオムツ。

 

 

コウモリのプレゼント

・全然ぺろくない岡ぺろ。口元の拭い方見た私「マジか。」引き続き楽様。川北ちゃんが健闘してて嬉しい。陸ちゃんに包帯巻いた奴誰や出てこい。

Monster最後の流星ちゃん左右の照明にババババッて順に照らされてフラッシュバックみたいになる演出最高かよクゥーーーーーー!!!!!

二人の花イントロは何か溺れるナイフの世界観思い出す私あるある。

ジガジガ!ジガジガ!赤い靴下おそろっぴ

 

赤い音符のプレゼント

 ・康二→るただい→流星に続いて正門くんがプレゼントから出てくるの凄い。暗闇に眼を凝らすタイム。

西畑フェス!!!!!!!!!アイドル四天王3/4の選曲まさにあの子のバイブルメドレーは、楽しそうで本当に楽しくて口癖は泣いちゃう。俺コン体感時間1分。ステッキを受け取りマイクをセットしてエアギター構えるまでの一連が滞りなくカチッとハマると最高気持ちいい〜〜〜〜〜。スタンド担いでタッタッ走っていく小動物感。

曇りのち。マイクを持っていない方の手の動きが大好き。景色は変わる〜でかざす掌、想像の「今」へ〜で上手袖の今江ちゃんにファンサ。(相関図が可愛い)本家は知らないタチだけど、曲調と大吾の動きのクセがマッチしすぎて絶妙で最高で死んじゃう〜〜〜ていうテンションでお送りしてます。蝶ネクタイにサスペンダー天才。

・口パクありがとうございました〜〜からの俯いてヘドセ外すジャケットに袖を通すビシッとと整えてボタン部分を一発で手に取りカチッとハメて踊り出すまでの洗練された流れ作業が私の心のVineで連続再生されてトマラナイ。一音目でラブシチュのスイッチが入る、何も言えね〜〜〜〜。北島康介のお気持ちがよく分かりました。

反面、パリマニの「What?」然りHairの肩見せ然り、誰担でも反射神経でキャーーーーーてなるむしろそれが礼儀だろゴルァみたいな、そういう大吾のパフォーマンスに出会える瞬間を2017年に期待していきたいと思った。いや大吾は全然悪く無いんだけどね。

結論:西畑フェスは泣いちゃうと死んじゃうで構成されている。(ボキャ貧民)

 

地獄の三部作

蒼い季節笑顔〜日々に〜担当。大吾の顎に添えられた手あの計算し尽くされたような角度ンーーーーーッ芸術美(舌鼓)黒チームがパッとスポットに照らされる瞬間のグァッと力入る感じが最高。わたし見逃さなかったよ、ステージ中央にるたこじだいが集まったとき表情一つ変えず龍太くんの尻を撫でながら前に出てきた大吾を。龍太くん頰緩んでるし何だこれ可愛い。曲終わり舞台上で若干ジャケット脱ぎ始めるあの瞬間が冬の捌け際ランキング堂々の第一位ですおめでとう!!!!!!!!!

回転寿司は3階から観るのが一番好き〜〜〜〜〜松竹座こんな技持ってたのかよという裏切られた感が爽快すぎ。あの勢い疾走感クァーーーーー堪んねぇ冬に戻りたい、まだ冬だけど。Be〜cool〜でぶち抜かれるあそこ(雑)生で観れたからわたしの人生8割悔いなしイェーーーイ!

関西Jr.最高!!!!!!!!

てこっちまで全身に力入って疲れちゃうビクゲは圧が凄いから。次々背中合わせになりながらスポットに抜かれていく大吾の顔が強すぎるから酒をくれ。それぞれの季節のビクゲにそれぞれの良さあり。死に物狂いでshake downだし、突き進めknock down。何かをすり減らしながらステージに立ってる感じが凄い冬のソレでした。

See you againはナマモノ。 

・大西推しはブレない西畑くんのバンバンッ

 

 

 

 

というわけで、5つのプレゼント。

ポスターでは大西畑が4つのプレゼントボックスを抱えていて、Jr.ちゃんたちの間を赤いリボンが巡っているのがどこか5つ目感がある気がして。真相は知らんけど、なんか良いよね。ポスター撮りおろしてもらってるのも嬉しかったなーーーーーーー。

 

バイトリーダー丈一郎に冬のシフトを乞いまくったけど、幕が開いたら総出演休演日なしってありがたいオチ過ぎました。

2016冬センキューフォーザピーポーーーーー\(^o^)/来年もよろしく!!!!!!!

僕の、世界の中心は、君だ。



クリパ楽しいね。松竹座の冬、楽しいね。

 


ステージに立つ大吾を見ていて時たま思うこと。
ちょっと距離感バカじゃない??????
いつだって世界の中心で生きてるのはアンタだよと言ってやりたくなるくらい、欲の向くまま誰かに突進して0キョリで過度なスキンシップを取る姿を見てまた、メモ帳片手に目尻が下がったりするわけなんですが。


時に近過ぎてオイオイと呆れられたり、時にそれちょっと愛情裏返し過ぎだよとザワザワさせてみたり。距離感おバカでありながら、誰よりも人に気を使うのに誰よりも人に気を使うのが嫌いな大吾(本人談)とその彼を取り巻くみなさんのお話をしたいと思ったわけです。ど新規ペー子の主観垂れ流しブログですので、HiHiHi〜〜〜〜て軽く聞き流してもらってOK牧場o(^_^)o

 

 

 


本題です。(そして唐突〜〜〜〜)
Jr.大賞のあの膨大な枠を埋めていくと、一番最後に粛々と待っているのがこの項目。

いちばんいいコンビ

っっっんな簡単に言わないでくれよと、今年のわたしは特に頭を抱えたわけです。だって私コンビ厨。(知らん)誰かといる大吾が、大吾を取り巻く相関図が丸ごと好きで、例えばしげちゃんが少年漫画の主人公だとしたら、少女漫画のヒロインですみたいな大吾ちゃんを取り巻く相関図が丸ごと好きなんだもん!!!(?)

 


2016年、年の瀬に思うこと。
なんか今年は大吾を取り巻く人間関係がありがたいくらいに凄かった。(日本語)

そう、なんか凄かったんです。いちばんってなんだよ、いいってなんだよ、好きな理由って何だよ僕は私は……迷って迷って考えあぐねた結果がこれ。あんなちっちゃい枠に理由なんて書ききれるかよこの野郎ってことでこのブログです。つまり私による私のための大吾のコンビ大賞。〜クリパ風味を添えて〜

さあ行ってみよーーーー2016総決算。

 

 

・傍若無人部門: まさにし

「ハイハイまさにしまさにし」

今年何回口にしたでしょ〜〜〜か☆ 安定と信頼の供給率。関西担流行語っていうか常用語。同い年で同期という関係がもたらす、同じ時代を生きてる感……本人から発信される、俺たちはForever宣言\(^o^)/

 

あの西畑大吾に公の場であそこまでの文章を書かせる正門良規って何奴。

あの西畑大吾に「ブンブンブン!妄想族〜♡」みたいな涙サプライズ実行させてしまう正門良規って何奴。

 

互いがJr.という立場で、尚同じと言える括りにいるわけでも無いのに、

これから彼と見る景色は無限に広がっていると思います。

それが楽しみで仕方ない。

こう言葉にできる強さってどこから来るの?って意表を突かれたような気分でもあったけど、きっと彼らの中で日頃蓄積されてる何かがあってそれが希望に繋がってるんだろうな〜〜〜。とりあえず家政婦、同居、養子、縁側、そんな一見ハテナな単語たちから感じる彼らの友情?愛情?よ永遠に不滅であれと願って止まないわけです。

全部を受け止めてくれて許してくれて支えてくれる そんな友達が近くにいるって本当に羨ましい話だしそんなん力にならないはずが無い!!!!!こんなこと言ったら怒られちゃうかもしれないけど、互いに帰還できる存在でありながら、大吾は正門を少しでも引き上げようと、正門は大吾を何とか押し上げようと(薬草摘みかよ)、そんなエネルギーを一連の 正門すぺしゃる から感じたお………。

2人がワイワイ想像してる景色を、ハタチの2人でどんどん実現させてってください2017。

 

結論: 大吾は多分、年賀状出さないと思う。

もう少し〜あと少し〜この距離が〜どうにかならな〜いかな今年の〜お願いは〜これにしよう〜

 

 

 ・Rival部門:こじだい

もう今年はこれに限ると思いませんか…………こちら側の体感としては今年最も関係性が動いた気がしてる2人。

 

なんか去年は、こう〜もっとこの2人のサ〜空気感がなんかサ〜変わればもっとこうサ〜面白くなる気がするのにな〜〜〜(悶々)みたいなもどかしさを何処かに抱えながら生きてたとこあるわけですよ。良い意味でお互いが空気過ぎて。

しかし今年の夏を目前にして、康二からの突然のライバル宣言………その時歴史は動いた………

「大吾はライバル」って言われて嬉しかった。弟ぐらいにしか思われてないと思ってたから。その言葉正々堂々と受けます!

もう!!!!嬉しそう!!!!かわいい!!!!この雑誌のインタビュー時2人が同じ空間にいたのかは分からないけど、康二が先行してライバル公言してくれたってのが本当に嬉しいし、それを聞いて俺だって!と、即刻受けて立つ!してライバル宣言してる大吾絶対顔かわいいだろ。康二が言ってくれなかったら多分口にしなかった言葉だと思ってるよ勝手に。

 本人も周りも言ってるけど、康二が変わったんだろうな〜〜〜ちょっと大人になったんだろうな〜〜〜頑張ってるんだろうな。

 

ましてやプライベートで2人で遊ぶ姿なんて想像すらできなかったのに、それが実行されているのが2016年。いやもしかしたらこれまでも遊んでたのかもしれないけどそのエピソードが放出されてる(しかも結構な高頻度で)世界が2016年。私生活は俺タイムで生きてる大吾が、康二との待ち合わせには遅刻しないんだよ………遅刻しないの……(大事なことだから二度言う)ギリギリ着だけどね♡

 

仕事ではライバルやけどいい関係やし、わからんことがあれば俺はプライドを捨てて経験値の高い大吾に相談しようと思えるねん。昔から印象が変わらんし、俺は大吾が大好きや〜(笑)

こうちゃんは俺に色々相談してくれる。(中略)オレは康ちゃんより年下やけど、マンツーマンでの相談って初めてやし、こうして頼ってくれるって嬉しいな。もともと近いけど、またこれで一歩、康ちゃんと近付けたかな〜と思う毎日(笑)。

これに全て詰まってると思うんです。康二から発せられる「大吾が大好きや〜(笑)」の威力まじゴイゴイスー。

歴も年も下だけど、康ちゃんはほんまに子どもなとこあるから〜純粋すぎやで〜めんどいわ〜て口にできる大吾も言わせちゃう康二も凄い。

 

結論: 2人が赤と青を身に纏った最初の夏、2人で歌った曲がRivelってことが物凄く意味を増した今年だった………

1月には大吾が20歳になるので、乾杯して夜ゆっくり本音で語り合えるようになるのも楽しみやね。

康二の一言によって大吾ハタチの世界が持つ輝きが数百万倍に増しましたありがとうございます。そんな報告が待ってる未来、オタクら絶対死ぬなよー!!!!!!!!(引き裂かれる船体)

シンデレラクリスマス〜ガラスの靴さえ〜僕たちにはいらない〜普段着の〜ままの君〜愛してるよ〜

 

 

Win-Win部門:大西畑

「ショートコント:注射」勝手に始めて突然ティッシュで腕拭いたかと思えば目ぇ瞑ってください〜て突然かぶりついちゃったり、舞台袖でパンツずり下げたきっかけで一週間超大作のドッキリ仕掛けちゃったりしてごめんねだよ流星ちゃん。

一週間口きかへんドッキリは確かにスケール壮大だけど、あの子達割と普段からドッキリが横行している世界に生きてるし、一般人とは刺激の単位(?)違うだろうからそんなもんなのかなって。

それよりも注目したいのはその期間りゅちぇがめっちゃ負のスパイラルに突入してること。みんなとご飯食べに行った先で大吾が自分から一番遠い席に変わったからって俺から離れたいんやな…ってションボリしちゃうの本当に等身大中学生。女子。大吾の行動にはそんな意図無かったのに、日頃の愛情表現が特殊で過剰なんだからそりゃそうだわ。5個差故こういうすれ違い普段からありそうでなんか思春期><て婆さん思っちゃったごめんな。でもこのドッキリの一件で2人の絆も深まりました(?)ということなので、やっぱり愛の育み方は十人十色……

ぶったりしてごめんね〜愛しくて仕方なかった?泣き真似してごめんね〜困った顔が見たくて?(十分にあり得る)=大西畑、aikoに通じる節あり。

みにくいあひるの子みたいに最初に見た人を母と思う”刷込み”じゃ無いけど、最初からずっと一緒に酸いも甘いも味わってきた唯一無二の存在で、互いに根底にはでっっっかい愛を抱えていて、大吾はそれを受け止めてもらうことでそして流星は表現してもらうことで、そこに立つ自分を肯定している部分もあるんじゃないかなって思ってます個人的に。

 

いつまでも大西さんは大吾のエネルギースタンドであって欲しいし、いつまでも大吾は大西さんのパワースポットであって欲しい。大西畑が本人たちにとって、いつまでも特別で当たり前なものでありますように!!!!!!!(重)流星が不運にならないようにずっと近くにいてね!!!!!!!!(?)

 

結論: 大西畑は結局Win-Win

PS.もっと甘えてくれてもええねんで。
10年後の今日の日も〜ずっと2人でいよう〜いつまでもいつまでもずっと〜変わらない空のように〜〜積もっていたせつなさが〜愛しさに変わってく〜これからもこれからもずっと〜君のために笑おう〜

 

 

・何やねん部門:だいれん

いやまじで何やねんて何やねん。

 

今年新出した大吾と廉ちゃんが同画面に映る映像は「出張まいジャニin東京」「ザ少年倶楽部12/7放送回」の2本です。

2人が並んでそこに存在した現場は「5/19 クリエG公演」(「8/6 ANOTHER」)(舞台上に居合わせてはいない)「10/15 JFW 」の2.5本です。

何やねん少な………それっでも!!!好っきだよ!!!て私の中の指原が黙りません。凄くない?????公式露出のこの少なさなのに今年もこんなに好きなの逆に凄くない??????

まあ誌面やwebで互いの名前を出した機会は幾度とありまして、春の大吾が短髪にした際には

似合ってると言ってくれる人もおれば

その逆も然り。

でもええねん。

永瀬の廉が「大吾、その髪型が一番ええ」って言ってくれたから✌︎百人力やねー(⌒▽⌒)

いつだって需要を心得ている自担は最強で最高です。

 

 夏の松竹でかつて廉ちゃんが袖を通した幻の白燕尾赤衣装を身に纏いながら「Mr.KINGの応援もお願いします」って口にした大吾の優しくも凛とした顔とか、緞帳下がる中で一階後方席に指差しし続ける嬉しそうな顔とか、梅芸の舞台上で隣にいて特に何話す訳でもなかったのにドッと笑いが起きた瞬間真っ先に顔見合わせて笑ってる2人とか、だいれんって本当そういうところな!!!!!をまざまざと見せつけられてしまった2016にわたしは負けました、完敗です。(チーーーン)

 

 

2人の活動の場が交わることはなくても、大吾は廉ちゃんをどこか気に掛けて、時に廉ちゃんは大吾を頼ったりして、お互いにアイツには敵わんわ〜て思ってて欲しいし、もちろんどっちにも負けないで欲しいし、それぞれの場所から今見えている景色についてたまーーーに語り合ってはそれを刺激にしてくれてたりしたらオタクは超しあわせ……そんな関係を想像しても許されるかな♡と思えちゃうところがだいれんの凄いところで好きなところでやめられないとまらないところ。かっぱえびせんかよ、好き。

 

結論: 廉ちゃんが東京にいることが、大吾の仕事の活力に繋がってる感じがするの超最高。今年ご飯行き過ぎです廉ちゃんいっぱい誘ってくれてありがとうだしそんな機会をたくさん頂けた大吾もかっこいいですお疲れ様…………

真冬のナガレボシが〜遠くの空に瞬いた〜君がいつまでも〜幸せで〜ありますよ〜に〜

 

 

 

 

大西さんには「言いたいこと伝えてるし、行動に表してるから」って言ってた大吾なのに、あの日誌を読んだ正門さんの感想は「まさかあんな風に思ってくれてるとは。」


康二との待ち合わせにはギリギリで間に合う大吾なのに、正門さんはお待たせするのが当たり前。


廉ちゃんとのカラオケでは廉の歌練(韻)に付き合って同じ曲何回も聞いてあげる大吾なのに、正門さんとのカラオケではいっつも自分が一番に歌ってる。

 


距離感おバカだけど、ちゃんとそれぞれのベスト距離感を見極めて関係を築いてる大吾なんだと思います。

総括: それぞれの距離感にそれぞれの愛おしさがあるから全部違う好き!!!!!いちばんとか決めるの無理じゃん!!!!!

 

 

年が変わる前にこの思いを言葉にしておきたいと思ったら、安定のクソ長且つおたくの欲にまみれた文章になってしまいましたお許しください…

みなさん今年もお世話になりました。来年も大吾の周りにハッピーが溢れる一年になりますように♡

 

 

 

ここまで辿り着いてくれた皆様どうもありがとうございました\(^o^)/ドロン。