塩パンに埋もれたい

わたしの大豆な男の子

マルセーユ旅行記

今から「音楽劇マリウス」めちゃのめちゃのめちゃめちゃにいいぞ……………って話をします。

 

 

 

 

 

 

「あゝ、何故愛してしまったのか!」

幼い頃から同じ街で、一緒に育ってきたマリウスとファニー。愛しそうにお互いの名前を呼び合う二人、マリウスからのプロポーズを待つファニー。陽気でのんびりしているマルセーユの街にどこか物足りなさを感じているマリウスには、船乗りになる夢がある。果たしてマリウスはこの街にある「愛」を守るか、それとも海の向こうの「夢」を追うのか……………というお話。

 

照史くん、全部に共感できなくともどうしても寄り添ってしまいたくなる。ちょっと傲慢で自由奔放なんだけど、温かさもちゃんとあるマリウス。松竹座の壁まで振動させるような、歌声の音圧がスゴイ!ライブとはまた違った、本当に舞台映えする歌声は圧巻!

 

美織ちゃん………………舞台に立つ姿が大好きになってしまいました。表情で演じる人が大好きなんですけど、ファニーの表情、佇まい、声色、歌声に何度もグッと来てしまった。大き過ぎる思いやりと綺麗に大人になっていく女性の姿を超〜〜丁寧に演じていらっしゃる!本当に歌が上手い。フラメンコ踊る姿がかっわいくて色っぽい。あとハーフアップがはちゃめちゃかわいい。最高だ。

 

 

そしてプティだよ!西畑くんです。この話をしたかった!恋をするのです。西畑くんが恋を演じている様を、この目で目撃できるのです!!!!!!!!!!!!恐る恐るだけど一生懸命で、きっと心の底から惚れているんだろうと誰もが思うわけよ。恋は盲目なんですよ………………。(意味深)セザール(マリウスのパパ)が経営するカフェの中でマリウスたちの時間は着実に進んでいるけど、その外ではプティたちの時間もゆっくりだけど同じだけ進んでいるんだよ………見逃さないでください!!!!!!!!!特に2幕の中盤、一年半後のシーンでは桟橋の上に大注目でございます。

ニャちゃんの歌声が本当〜〜〜〜〜にまっすぐで綺麗なの。そして西畑くんもしっか〜〜〜〜〜り歌ってるんです。あぁ、当たり前だけどきっといっぱい練習したんだろうな、ボイトレ頑張ったんだろうな……………と感じてしまう歌声、聴いたことの無い歌い方、大好きで仕方の無い歌声。恋に落ちる二人の歌は初演から追加されたものだと知って、心の底から拍手喝采!!!!!!!

プティくん、予想を遥かに超える可愛いを絵に描いたような役柄で「可愛いは後輩に譲る」発言してた人とは思えないほど、可愛いでしか構成されていないんだけど、その為これまで経験したことないレベルの西畑くんに甘い松竹座で最高です。それなのにそれなのに、舞台クライマックスのシーン、プリプリプティから群衆としての感情に切り替わるところでの表情の変化がまーーーーじで息を飲むやつなので、みなさん、是非役者西畑大吾の目撃者になってください………………

「西畑くんはお芝居はすごくうまいし勘も良い。」「それは必要としていない。一番若い君にはうまさは求めてないから。それを一回取っ払ってやってみよう。」これが山田監督の言葉です。悔しさを感じながらも、笑顔でみんなを癒す箸休めのプティをどう演じているのか大注目でございます。

 

 

物語の中に悪い人なんて一人もいないのに、それぞれ誰かのことを心から思って、大切なものを大切にしようとして生きているだけなのに、どうしようもなかったり、でも愛しくて仕方なかったり、ただただやるせなかったり、そうやって一生懸命生きている人たちのお話。

 

「愛されること」と「愛すること」それぞれが意味することは十人十色だからそれは噛み合うことばかりじゃないんだけど、親心と子ども心と、男心と女心とがぶつかり合ったり寄り添ったりしながらも自分の気持ちに折り合いを付けて進んでいくお話。

 

みんなにとって何が一番の「幸せ」なのかな〜〜なんてぼんやり考えてると、あっという間にマルセーユに引き込まれてしまっていて、マルセーユという港町とそこに住む人たちが大好きになってしまうんですよ…………あゝ、何故愛してしまったのか。

 

 

 

  • 音楽劇

気付くと台詞が歌になって、気付いたらまた歌が台詞になっていて、その緩急が余計に響いてしまって感情の揺さぶり症候群。好きなだけでそこら辺詳しく無いんだけど、ミュージカルほどのスピード感は無くとも心にジワリと染み渡ってくる気がした。音楽劇、面白いぞ!!!!!!!!

 

ミュージシャンズがピットを構えるのも街の中の桟橋の上。時にアンサンブルの方と挨拶を交わしたりコンタクトを取りながら音楽をする様は、まるでマルセーユで生きる人たちのようで素敵!演劇の中で音楽が "生きてる" だよなぁ。

ピアノの方が作曲されているようなんだけど、色〜〜〜んな感情が綺麗に音になっていて、時にピアノのポロン………というきっかけだけでギューーッと目頭が熱くなってしまうシーンもありました。何と言ってもプティくんが恋に落ちる瞬間の瑞々しくときめいてるピアノの旋律が大好きだからみんな聴いてくれ!!!!!!!!!葉っぱの先から水滴が落ちるように、恋に落ちるんです!!!!!!!!!

 

舞台美術も本当〜に美しくて、カフェのセットも細部まで作り込まれていて、まるでシルバニアの中で演劇してるみたい!!!!背景の街並みは絶景だし、石畳の一つまでこだわりが見えます…………………

 

 

  • カーテンコール

私こんなカーテンコールに出会ったのは初めてです、大好きなんだよ………………………会場も一体となって盛り上がるカテコのフラメンコ!あれ、私もマルセーユの人だったっけか?と思ってしまう!主演二人の素晴らしいフラメンコは言わずもがな、カンパニーの皆さんから愛されて可愛がられて生きてる西畑くんに会えてしまう!ヨッ!マリウスの大西流星!ヨッ!カンパニーの大西流星!全身全霊で可愛いをしてる西畑くんの愛され力、本当にいつもの流星ちゃんを見ているような気持ちになるのです!イントロのバイオリンをエアで弾き出す西畑くんはマジで西畑くんなのでご注目を。フラメンコの振りも大分覚えているのか、トト役の松野さんと各所全力で真似してる様が可愛いで忙しくてげっそりします。フラメンコのリズムが3日は抜けないよ!(まだ観劇後3日目)

 

 

 

 

 

 

様々な国の船が入り、人々が行き交う陽気なフランスの港町、マルセーユが舞台。

日本語以外の言葉もあちこちから聞こえてくる大阪は難波、この作品の上演にまるでぴったりな場所ではないか!「あなた、そんな顔もできるなんて知らなかったし………!!!!!」好きじゃん、松竹座。仕掛け絵本を広げたような、心踊る装い!そう、ここはマルセーユなのです!f:id:nsdgk:20180612002026j:image

 

松竹公演なので、幕間にいつものロビーでパクパクできちゃうのも楽しい〜!f:id:nsdgk:20180612004208j:image 

最中あいす、銀二巻の時に羨んでいたけど、本当に美味しくて大好きになってしまった………………2日連続で食べた。小倉がオススメ!次は苺を食べたい。サンドイッチは早く売り切れてしまう印象。天むす弁当が美味しかったよ!ご観劇記念の松竹座刻印入り瓦煎餅が魅力的過ぎました……………………………

 

 

 

 

 

 

少しでもこの感動を伝えたくてマルセーユ旅行記を書いてしまったわけでございます。きっと舞台を観た後にはシトロン(きっと出会えずにレモネード)飲みたくなるし、ブイヤベースとかムール貝とかそういうの食べたくなってしまうと思います。私はダイソーで造花を買いました。(全然聞いていない)なんばのマルセーユ、本当に良いところなんです。

見学した淳太くんが「照史史上一番かっこいい」と表現したらしい。西畑大吾にとって「ターニングポイント」になるだろうと本人が言っています。ジャス民ちゃんも関西担さんも、翼くんのファンの方々にも、お前誰やねんだけど、一人でも多くの人に旅して欲しい……………………ツアコン頑張る……………………

 

 

ということで、平日公演のチケットはまだまだこちらからお求め可能です!!!!!!!!!!宜しくお願いします!!!!!!!!!!

http://www1.ticket-web-shochiku.com/pc/

 

 

ボンボヤージュ♡♡ステキな旅を!!!!